スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kistler Rod

みなさんお久しぶりです。更新をさぼっていてすみません。

今回の記事はキスラー日本でも正規代理店があるので知っておられる方も多いのではないと思います。
知らない方もマイクロガイドブームの火付け役と言えば、もうお分かりでは?

とりあえず各モデルを紹介いたします。

Z-boneシリーズ:あのゲイリー・ルーミスのNFC社のブランクスを使ったシリーズ。
高額な順からLE、LS、STと種類があり、LEがネクストHMを使用したロッドで40トンカーボンにクモの糸のような微細なカーボン繊維が何層にも重なり合うペーパーカーボンスクリムを使用したものです。
LSがLEと同じブランクスだがグリップなどが廉価になっているものでタックルウェアハウス限定モデル。
STがネクストIMを使用したロッドで最高の技術で30トンカーボンを使用したもので、おそらくカスタムにしか利用できない。

ヘリウムⅡ LTX:廃番。40トンカーボン。

ヘリウムLTA:キスラーのセミシークレットブランクスの30トンカーボンを使用したもの。最近ではマイクロガイドモデルも登場。

アルゴン:廃番

マグネシウム:LTAの廉価版。アメリカ市場では一番人気のあるモデル。主に軽さが犠牲になって丈夫になったか?マイクロガイドモデルも登場。

まず、キスラーだがアメリカではそこまでメジャーではない。
なぜなら、昔はあったが今はバスプロショップスでは取り扱っていないからだ。
だから知名度で言うと、ルーミス、ファルコン、セントクロイには完全に劣っている。

しかし、さまざまな強豪プロと契約しているため、画期的なシステムを提示する会社として、一部では圧倒的な人気を誇る。ルーミスに品質で本気で対抗しようとしたのはキスラーくらいである。

まず主な契約プロを紹介しよう。

アルトン・ジョーンズ:B.A.S.S 2008年AOY 5位 クラシック優勝 2009年AOY 6位 2011年 AOY現在1位

スティーブ・ケネディー:B.A.S.S 2007年AOY 9位 2011年 AOY現在6位

アンソニー・ガグリアルディ:2006年 FLW AOY1位(フカシンの翌年)

マーク・ローズ:2010年 FLW AOY 3位 

が現在契約してる有名プロ。 
アルトン・ジョーンズは最近の試合でヘリウムとZ-boneを使用している。
マーク・ローズは去年からZ-boneを使用している。
スティーブ・ケネディはヘリウムとマグネシウム
ガグリアルディはヘリウムⅡを売り出す時の顔だった。

あと成績はたいしたことないがあのローランド・マーチンの息子スコット・マーチンもいる。

では私がキスラーを使用した感想を書こうと思う。
ただz-boneは使用したことがないので書くことができない。

ヘリウムはもの凄い使いやすいロッドだ。トルクもあるし、感度も日本のロッドとさして変わらない。
そしてなにより、ルーミスやセントクロイにはない繊細さがある。
MHで3gテキサスや3/16ozラバージグを使えるロッドはアメリカにはなかなかないと思う。
とても日本のロッドの感覚に近い表記だと思ってもらえるとわかりやすいと思う。

マグネシウムはヘリウムにかなり近いが少しだけ硬いか?
しかも、全然妥協してる感じのロッドではなく、コスメさえしっかりすれば、日本なら3、4万で売れるレベル。

ただ一番お勧めしたいのはz-bone。
使ったことがないのになぜと思うかもしれない。
その理由は代理店がぼった食っていないからとアルトン・ジョーンズが絶賛していたから。
アルトン・ジョーンズいわく、あの軽さで俺のフッキングにびくともしない。
6か月ヘビーカバー打ちしても一本も破損しなかった。
そして感度もトルクびっくりすくらいあるなんて、史上最高のロッドだよとのこと。

そしてアメリカで399$で日本で4万3千円はかなり良心的だと思う
ノースフォークの方の代理店の値段を見ればわかるが、代理店を通すとかなり高くなる。
ネクストHMのブランクスだけで3万円だ。アメリカで200$。
これをどう見るかは個人の自由だが、少なくてもトライアドさんで買って損はないと思う。

ただ私はキスラーのロッドを全部売ってしまった。
なぜならモデルチェンジしすぎだから。
ただz-boneはすごくほしい。

スポンサーサイト

フットルースとワンマイナス

表層系クランクと言えばバジンクランクなどが有名です。
しかし忘れてはいけないのが元祖表層系クランク「フットルース(バンディット)」「ワンマイナス(マンズ)」です。

ここで疑問なのがアメリカではどっちを使っている人が多いかということです。
なので今日は比較したいと思います。

フットルース 1/4oz                   
yhst-98884526134160_2129_52016917.gif

ワンマイナス 5/8oz
41GuJMQNhzL__AA300_.jpg

トーナメント上位者の使用歴

フットルース0回
ワンマイナス2回(どちらもFLWツアーで2010年に5位、2008年に3位がどちらもベビーワンマイナスを使用)

バスプロショップスのレビュー

フットルース 価格約5$ 4.6点/5点中 レビュー数23
ワンマイナス 価格約4.3$ 4.6点/5点中 レビュー数36
ベビーワンマイナス 価格約4.3$ 4.8点/5点中 レビュー数34
ベビーワンマイナス 赤フックモデル 4.8点/5点中 レビュー数19

比較してみるとアメリカではワンマイナスのほうが人気があるみたいです。
日本だと若干フットルースのほうが人気だと思うのですが、アメリカだと逆なんですね。
プロが使用してるのも一般アングラーの評価が高いのもベビーワンマイナスというのが意外でした。

比較的大きいサイズが好まれるアメリカでも1/4ozサイズのベビーワンマイナスを使用してるということは、日本なら絶対ベビーのほうが釣れるでしょうね。なのでまだベビーワンマイナスを持ってない人、あるいはフットルースで良い思いをしてる方は一度ベビーワンマイナスを買ってみてはいかがでしょうか?

ちなみにベビーワンマイナスのエリートシリーズモデルという若干リアルな奴があるのですが、ボディの作りが違うらしくあまり評価がよくないのでそれに注意してください。

結論:フットルースよりもワンマイナス、ワンマイナスよりもベビーワンマイナス!!
Mann's/マンズ 1-Minus/ワンマイナスMann's/マンズ 1-Minus/ワンマイナス
()
Mann's

商品詳細を見る

清水盛三

プロがトーナメントで実際に使用したロッドやルアーを知りたい人はたくさんいると思います。
しかし、日本のトーナメントではどこまでが本当なのか怪しいものです。

なぜなら、トーナメントは絶好の宣伝になり、例え活躍しなかったルアーでも活躍したように言わなければなりません。
別にそれも仕事なので、それを否定する気も肯定する気もないですが、どうにか知りたい気持ちは変わりません。

特に日本では自分のスポンサーのルアー以外を公言することは少なく、当たり前になっています。
なぜなら1人なので証明する必要がないからです。
しかし最近ではカメラが乗ったり、オブザーバーが乗ったりしてるらしいので少しは改善されたと思います。

アメリカでも自分のスポンサーのルアーを言う人は多いのですが、テレビ放送のためにカメラがいるのであからさまな嘘はすぐにばれてしまいます。それとスイートビーバーなどの定番となったルアーはもう隠す気配さえないです。

しかし隠す必要がない。
すなわちスポンサーに配慮する必要がない海外では日本人アングラーは本当のことを言ってることが多いです。


では今回は清水盛三プロのアメリカでのタックルについて書きたいと思います。
清水


清水盛三プロの上位入賞時のタックル

2010年
B.A.S.Sエリート 第5戦 レイクガンターズビル 4位
ロッド:TCSC-70MG スーパーノヴァ リール:シマノ ライン:FCスナイパー14ポンド
ルアー:ストライクキング シリーズ4(Strike King Series 4)、コンバットクランク320

2007年
B.A.S.Sエリート 第6戦 スミスマウンテンレイク 5位
ロッド:不明 リール:不明 ライン:FCスナイパー7ポンド
ルアー:がまかつ ジグヘッド ズーム トリックワーム(Zoom Trick worm (green-pumpkin/red)
ロッド:不明 リール:不明 ライン:不明
ルアー:ラバージグ3/4oz トレーラー:バイズクロー

2006年
B.A.S.Sエリート 第7戦 ケンタッキーレイク 1位
ロッド:TCSC-70X ディトネーター リール:シマノ ライン:サンライン シューター14ポンド
ルアー:3/4ozラバージグ トレーラー:バイズクロー5.5
    1/2ozテキサス 9.5インチ カーリーテールワーム

2005年
B.A.S.Sエリート 第3戦 レイクガンターズビル 2位
ロッド:TCSC-70MG スーパーノヴァ リール:カルカッタコンクエストDC ライン:FCスナイパー12ポンド
ルアー:メインルアー:ストライクキング シリーズ4(Strike King Series 4)
    サブルアー:3/4oz Dゾーン、ビルルイス マグナムトラップ

2004年
F.L.Wツアー 第3戦 オールドヒッコリーレイク 3位
ロッド:エバーグリーン リール:シマノ ライン:スナイパー17ポンド
ルアー:ワイルドハンチ

感想としてはワイルドハンチよりストライクキングのシリーズ4を信頼してるのが印象に残りました。
おそらく日本のメディアでは一切言ってないと思います。
エバーグリーン(EVERGREEN) コンバットスティック タクティクス TCSC-70MG スーパーノバエバーグリーン(EVERGREEN) コンバットスティック タクティクス TCSC-70MG スーパーノバ
()
エバーグリーン(EVERGREEN)

商品詳細を見る
プロフィール

bassflw

Author:bassflw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
19623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1770位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。